2007年09月

昭和40年1月1日 

友達の家で小学校時代の同級会を開いた。

午後5時から男8人、女3人の計11人が集まり、飲んで歌って賑やかに時を過ごした。

ぼくが、東京で習った社交ダンスのことを話したところ、皆で覚えようということになった。


それには、ダンスの指導者が必要となる。

指導者養成をかねて、男のみでの夜の秘密の練習を始めた。

練習場はぼくの家と友達の家を交互に利用する。メンバーは、男5人である。

イメージ 1


指導は、ぼくが行うのであるが、東京で数回教室に行っただけで、ブルースがやっと踊れるくらいだったので、ダンスの本を購入して、5人で本を見ながらの練習であった。


代わる代わる男役と女役になりながら、何度か練習を重ねると、全員が、ブルースは何とか踊れるようになった。

いよいよダンスサークルの結成である。

公民館の集会場を借り、サークルの結成式を行うことにした。

会員募集を始めたが女性がなかなか集まらなかった…。
イメージ 2

役場職員の空きが出来たため、試験を受けに行く。地元で働けるし、公務員だし、合格との知らせに、母ちゃんも安心したようだ。


昭和39年10月1日

今日は、初出勤である。午前10時に役場に行くと、友達2人も合格して来ていた。

10時30分、町長室で役場職員任命辞令を受けた。
給料は9,500円であることを知る。給料が、これまでで一番安い額でがっかりした。

所属は建設課。課長、係長、直接の上司にあいさつをする。
この日は、庁舎内外へのあいさつ回りを行い、建設課で5時まで勤務し帰宅する。

この時期の常葉町所有の車は、出先を含め4台しかく、役場用のトラック及びライトパンの2台、直営診療所の乗用車が1台、そして消防自動車1台であった。

ぼくが仕事で運転する車両は、ニッサンジュニアとニッサンセドリックを担当し、用務に応じ運転するのである。ニッサンジュニアを使う時は、失業対策事業で雇っている作業員の送迎や道路資材の運搬等を行う時である。

イメージ 1

↑運転手としてどこかに誰かを乗せていったのでしょう。


ぼくは、事務を行う傍ら三役(町長、助役、各課長)等が車で出かける時のライトバンの運転や測量の手伝い等を行うことになった。
車が少ない時は、トラックを乗用車代わりにする。議会議員が出張する時には、トラックの荷台に椅子を両側に取り付け、幌屋根を掛け数人を乗せていくのであった。

イメージ 2

↑建設課の旅行


この職場に父は、定年まで勤めることになります。

イメージ 1

↑男、四人珍道中!?(残念ながら、東北道拾次の写真ではありません。)
     

昭和39年8月29日

3日間休暇ができた。男四人でドライブに出かけることにする。
友達から普通車(日野コンテッサ)を借り、運転手はぼくである。

午後1時頃出発、みんなで相談した行き先は裏磐梯高原でのキャンプである。

しかし、朝からぽつぽつと雨が降っており、郡山郡山へ着くとどしゃ降りになってしまった。
キャンプは無理だということで、話し合い、予定を変更して日光へ行ってみることにする。

この時期の国道4号線はすべて砂利道であった。そのため、スピードは出せない。ゆっくり走行したため、到着は、明朝30日の午前8時頃であった。
中禅寺湖で朝食を済ませる。せっかく来たのだからと友人の提案で東京に向かうことにした。


次の日、8月31日の朝、東京都北区に着く。
東京都北区赤羽に住むぼくの親戚の家を訪れ、キャンプ用に持ってきた白米を出して、おにぎりをにぎってもらう。
4人でおにぎりを持って、東京見物をすることにした。
車で銀座有楽町を走り、浅草へいく。

国際座で観劇をしながらおにぎりで夕食をすませる。


夕方になったが泊まる所がない。友達の姉ちゃんが嫁いでいるとのことで、江東区砂町へ向った。
午後11時頃、着いたのだが、初めてきた土地であったので、家が見つからない。

もう遅いので、明日探そうと言うことになり、住宅団地の空き地に車を止め、テントを被せて4人で寝ることにした。

9月に近いとはいえ、東京は、むし暑い。暑くて眠れないと外に出てみると、近くに直径1メートル位のヒューム管が積んであった。4人でその中に入って寝ることにした。みんなで蚊に刺されながら、熟睡することができず、一晩をすごした。


翌朝1日、8時頃出発する。友達の姉ちゃんの家を探すと、野宿した場所と目と鼻の先であった。
4人で笑ってしまった。
姉ちゃんちで朝食をご馳走になり、上野へ向かう。そして、上野動物園を見学した。

次に、港区の東京タワーに行くと駐車場が無かった。かわりばんこに見学し、残りは車に待機することにした。




時の経つのも忘れ、遊んでいるうち、休みの最終日であることに気づいた。



あわてて国道6号を探し、福島へ向かった。明日からは仕事なので、朝までには着かなければならない。ぼくは、焦りながら運転した。


2日の午前2時頃、やっと家まで5km位までになった。


後もう少しで家だと、安心したのか、つい居眠りしてしまう。


ないように、助手席の友達と話をしながら運転していたのだが…。あんぼ寺(現在のシミズストアの前)で右側の用水溝に脱輪してしまった…。

4人で車を引き上げようとたが思うようにいかない。それぞれが各家に連絡した。そのうちの2人の家の人が来てくれ、やっと引きあげた。午前3時半頃になってしまった。


そのまま車を貸してくれた友人宅まで行き、4人でバケツで水を汲んで、泥だらけの車の洗車を行い、持ち主に返して解散した。すでに午前7時であった。


この日ぼくは、一睡もしないで商工会に出勤した。




純朴な青年達の楽しみですよね。

行動の一つ一つから、今の青年にはないすがすがしさを感じ、4人の関係や話し合っている姿を想像すると、とてもほほえましく思えます。

イメージ 1

   たんたん的 ランキング1位 レバ刺しさんです。

イメージ 3

    ↑ 今日は、福島のうねめ牛でした…
    
       

たんたんは、案外美味い物好きです。
本日は、ちょこっと脱線して、グルメ編。



よく、

「年をとると昔ほど焼き肉が食べられない…。」

なんて聞きますが、量はともかくですが、



「焼き肉はおいしい!」



特に、今日、私が参上した“牛門”さん(桜通りのホテルはまつ前。分からないですね。)は、格別においしい!



何がおいしいって、全部。



リーズナブル(多分ね。私は思います。)で、早いし、うまい!(まるで、吉○屋さんみたいですが…)



たんたんお気に入りベスト3を書いておきます!

第1位 レバ刺し
 

→とにかくおいしい。弾力があって、臭みがない。他のは食べられないくらいおいしいです。レバー評 論家の私が言うのだから間違いない!(いつ評論家に?)
つけだれは、ごま油でしょう!あの、塩加減がたまらないっ。一人で、2~3人前くらいいけます。

第2位  上タン塩 

→とにかくおいしい。(おいしいって全部じゃないか!)霜降り的なたん様です。レモンと白髪ネギがマッチ!
半生でどうぞ!  うわっ!すぐかみ切れます。

第3位  つらみ

↓愛すべき牛さんのほほ肉です。コースだったら一番最初に出てきます。さっぱりしていてはらみよりおいしいと思う。
網の上で、焼けているのがつらみ(左)とたん(右)です!
イメージ 2


第4位  たくさんあります。 でも、豚バラとか豚トロはないです。(牛門だけに…) 



何で焼き肉を食べると幸せな気分になるのだろう?


今、私、MAX幸せです!(焼き肉 特に、レバ刺しを食べたから!)
今、私、煙で慰撫されていいにおいです!

イメージ 4

↑2次会で食べたぎんなん なつかしおいし…。あちっ!






       

イメージ 1

       ↑アルバムで、この子が気になるんです。
   (右上の物体も…あなたのパソコンにこびりついたものじゃないわ!ごめんなさいとれないっ。)



私事ですが、今日は、“出張”でした…。
気分は、…。


出張に行くと、時々思うんだな。



「事件は、現場で起こってる!」 (踊る~ 青島刑事風) って。




生き生きして自分の【功績】をしゃべっている方々を見て…。
あなた、現場でホントにそんくらい頑張ってる? 現場で頑張ってなんぼでしょ?とか思うんです。
(根性がひん曲がってるので…)


今日も…「ふぅ~。」でした。   
しかし…、



今日の出張で一つだけ【収穫】があった。
それは、



休憩時間の自販機の前で…
肩の力の抜けたおじさんが、缶コーヒー(ブラック)を飲もうとしている私に声をかけてきた。



    みなさん、ここからは頑張って、福島なまりに挑戦して読んでください(笑)。

   (たんたん監督からの指示です。間をあけて、ゆっくり目に…「はい、よーい!スタート!」)



  ー 私、缶コーヒーのふたを開ける…プシュ! たんたんの目の前には、おじさんがいる ー
  ー ペットボトルをごくごくっと一飲みしてから、おもむろに話しかけてくるおじさん ー


「…安部さん(元総理)かわいそうだよな…。…みんな100%求めっから、だめになっちまうんだぁ。
おめえだちが代わりにやってみろって…!  でぎねえから…。」


『うん。うん。そうですねぇ。』     ーうなずくたんたんー


「あんたらも、まだ若いけど、100%求めちゃだめだよ。疲れっから!」




「俺…、こないだ息子に【お父さんの子どもで本当によかった!】 って言われたんだぁ…。」




   ー絶妙な間ー





「【だって、おとうさんの子どもだと気が楽だもん!】だってよ。俺、100%求めねえから(笑)。
だぁからぁ、俺の息子、のびのび育ってっぱぁい!」




「でぇも、俺ぇ、【一本、筋】は通すがんね~。だめなものは、だめだ!ってな。はははっ!娘だって、息子だって、わりいことしたらぁ、【ばちん!】と一発だかんね~。」



   ーおじさん、自分だけぺットボトルをぐびぐびと飲み干し、去っていく…。ー

  


『今日、出張きてよかったかも…。』


  100%を求めすぎないこと +  筋は1本通す  = 子はのびのび育つ 
  ※ 隠し味は、おじさんの人柄かな!?

 ー(はい!カ~ット!今の感情がこもってなかったからもう一回行きます。戻って!スタート!)

↑このページのトップヘ